ゆるっとブログ

【ゆるっとブログ①】うちのWEBサイト作ってほしいと言われた話/勉強時間が全然足りないと気付いた話

こんにちは。まつもとです。
東京は最近天気の悪い日が多いですが、皆さまいかがお過ごしですか?
私はたまに片頭痛がひどい日があるのですが、そんなときはしっかり休んでスッキリしてから勉強しています。^^

これまではプログラミング学習に関することを主に書いていましたが、たまには最近あった話みたいな、主婦の日常みたいな、そんな記事もいいかなと思いこの記事を書いています。
ゆるっとさらっと読んでいただけると嬉しいです。^^

「うちのWEBサイト作ってほしい」と言われた話

先日、行きつけの美容室に行った時の話です。
そこへは大学生のころから通っていて、もう5年以上同じ美容師さんに髪を切ってもらっています。

その方に近況を聞かれたので、フリーランスエンジニアを目指して勉強していることを言ったんです。そしたら、「じゃあエンジニアになったら、うちのWEBサイト作り直してほしいな!」って言われました。

私はまだまだ初学者なので、もちろん本格的なお仕事の話って感じではなくて、現実になったら嬉しいよね!くらいのノリだったんですが、
私にとっては「こんなに近くにエンジニアを必要としている人がいるんだなぁ!」と肌で感じた出来事でした。

ちなみにその美容師さんが言うには、昔会社の方が作ったWEBサイトを長いこと使っていて、ずっと変えたいと思っているとのこと。こういう企業さんは意外と多いのかもしれないですね。

私は普段、TwitterやブログでエンジニアやWEBデザイナーの方々がどのようにして仕事を受注しているのか、情報収集することがあります。
その中で、知り合いに自分の仕事のことを何気なく喋ったことで、案件を受注できたという方が何人かいらっしゃいました。

私がエンジニアになれた暁には、美容室で「エンジニアになりましたよ!」と報告をして、たくさんの人にその美容室に行きたいと思ってもらえるようなWEBサイトを作ることが出来たらいいなぁと思います。とても信頼している素敵な美容師さんなので、もしこれが現実になったら幸せすぎです。
改めて、勉強頑張るぞ!と思った日でした。

勉強時間が全然足りないと気づいた話

さて、改めて頑張ると決意した私ですが、最近気が付いたことがあるんです。
それは”勉強時間が全然足りない”ということ。

このブログでも書いている通り、私は毎日プログラミング学習を行っています。
毎朝遅くても10時くらいにはパソコンを広げ、夕飯の準備をする17時くらいまでは開きっぱなしです。

これを聞くと、めちゃくちゃ勉強しているように思われそうですが、全然勉強時間が足りないことに気が付きました。
なぜかというと、家事やスマホに気を取られる時間が長いからです。

ある日の朝10時。私は正午までの2時間は勉強できるなと思っていました。
でも実際は洗濯が終わった音を聞いて「あ、洗濯物干さなきゃ」と立ち上がったり、お昼ごはんのためにお米を炊いたり、ちょっとスマホを触ってしまったり…。
結構勉強以外のことに時間を使ってしまっていて、結局2時間のうち1時間くらいしか勉強できていなかったんですよね。
それなのに、2時間くらい勉強したんじゃないかなって気になっていたんです。

こんなの少し考えれば誰でも気がつくと思いますよね?
でも私の場合は気が付きませんでした^^;
家事やスマホにそんなに時間を取られているとは思っていなかったんです。自分に甘すぎました。

特に、何気ないスマホチェックは1回1回は短くても、合計すると結構な時間になっていそうです。

そこで、明日から果たして私は何時間何分勉強しているのかストップウォッチできちんと測ってみようと思います。
パソコンでプログラミングを勉強している時間だけを測ります。
家事をしたり、スマホを触ったり、お手洗いに行くときなど、勉強以外のことをするときはストップウォッチを一旦止めます。

私はこのやり方を学生の頃に実践していました。こうすると自分がいかに勉強していないかが分かって、どうやったら勉強時間を長く確保できるか工夫するようになったという経験があるのです。
年とともにこのことを忘れてしまっていましたね^^;

今の勉強時間が少ないことはもう薄々…というかハッキリと気が付いているので、これを機に改善していこうと思います。やってみてどうだったかは、このブログに書きます。

おわりに

さて、今回はゆるっと最近の出来事、感じたことなどを書いてみました。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

朝晩は少し冷えてきたので皆さま体に気を付けてくださいね。